読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少し背の高い あなたの首に埋めた顔

こんにちは 甲斐よしひろです

 

 

この度2017年5月8日

2年連続2回目のモーニング娘。'17 佐藤優樹さんバースデーイベントに行ってまいりましたので その報告と 僕の痔瘻の経過状況をまとめようかなと思い筆をとっております

 

f:id:youkuso:20170510033723j:image

 

 

 

いつものように今回も ジンバブエドルしか持ちあわせがなかった僕は マウンテンバイクとエゾシカを乗り継いで東京へと向かいました

 

片道10時間 毎度のことながら 人間がすることじゃないと 何度も何度も思いましたが 気がつくと新宿

少しダラダラして 朝10時にオタクと合流

合流して1分で磯丸水産にいました

 

「はやくね?」

 

今回の旅の目的は全部で108つ

煩悩の数だけありました

そのうちの1つが 我々の聖書である

まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪団

 https://www.amazon.co.jp/dp/4801900267/ref=cm_sw_r_cp_api_HEGezb38WFN6T

 

聖地巡礼

 

なぜ巡礼するのか

それは行った者にしかわからない

空気を感じ 時空を超え 宇宙を超え この星が綺麗になることを願うため我々は都内のとある場所へと向かった(ファンが押し寄せすぎるのも問題だと思われますので詳細な場所は割愛します)

 

着いた場所は 土手

 

 

もはや土手としか言いようがないほどの土手

 

 

僕の地元にある土手と瓜二つで

思わずベジータみたいに

「俺の北斗グランドにそっくりだ…」

と言ってしまう始末

f:id:youkuso:20170510032110j:image 

30代の大人3人が平日の昼間から缶ビール片手に土手

 

 

非常にバカである

 

 

そんなこんなで例の坂や階段や野球のベースやら

 

 

とにかく楽しい!!!

f:id:youkuso:20170510032146j:image

 

 

f:id:youkuso:20170510032223j:image

 

 

ここでまーどぅーがはしゃいでたのかと思うと お昼休みよりもウキウキしてしまい 30分くらいで飽きるかと思いきや2時間もいてしまう始末

 

ちなみに一緒に行ったおじさんは2年前のまーちゃんの生誕の日に1人できたらしいんですが こわいなって思いました

 

土手で1人セルフタイマーで写真撮ってきたらしいので 心底やばいと思ったけど言わないでおいた

 

 

 

 

本来ならばこの後 黒木二郎先生の料理を堪能しようと京寿々に向かう予定だったのだが 思いの外土手を満喫してしまい グッズに間に合わないかもしれないとのことでくろっきを断念し 有明へと向かった

 

 

有明に着くが腹がぺこりんこな僕たちは

f:id:youkuso:20170510032705j:image

チーズトッポギを求め 韓国料理屋に行くも

「ランチは終わりだ 帰れ」

と言われたので 仕方なく憩いの場サイゼリヤ

ここでホッとしてようやく 今日 佐藤優樹さん誕生日を祝いに来たことを思い出す

 

サイゼリヤでガソリンを入れ会場にそわそわしながら向かった

 

会場に着くと オタクであることを竹内まりやよりもカムフラージュした人の列ができていたが どこかしらにエメグリがチラつく光景は少し可愛かった

 

僕は予定としては何も買わないはずだったのだが 気がつくと手にはマイクロファイバータオルがあった

f:id:youkuso:20170510032727j:image

グッズ列に行くと脳を何者かに支配されるらしく 何1つ記憶がない

 

そしてもてあます 時間

 

僕たちはリベンジトッポギのために再度韓国料理屋に向かった

しかしサイゼリヤで満腹になった僕たちは別にトッポギなど食いたくはなかった

そもそもトッポギってなんだって感じだった

でも

「今日じゃないとダメなの!! 今度なんてないんだから!!」と熱い思いを確かめ合い 念願の人生初のチーズトッポギ

f:id:youkuso:20170510032750j:image 

 

 

 

「お餅だね」

「うん 餅」

「甘い」

「いやむしろ辛い」

「あれ無理辛い」

「辛い」

「辛い」

 

感想としてはお餅でした

甘辛い餅

辛いのがダメなおじさんは

「なんでこんなもの食べたいんだまさきちゃん…」と言いながらも半分くらい食べてたから可愛いなって思った

 

口が完全にトッポギ臭くなり Live

 

 

ここまで1540文字 何1つ生誕感はありません

 

会場にはいるとまさきちゃんが装飾したと思われる風船 風船 風船

 

f:id:youkuso:20170510032811j:image

f:id:youkuso:20170510032826j:image

f:id:youkuso:20170510032836j:image

 

。:.゚ヽ(。☉౪ ⊙♥)ノ゚.:。+゚

 

 

 

 

一瞬でこんな気持ちになりテンショヌがTora Tora Tora

 

席は近くもなく遠くもない微妙なポジションだったが 両脇が女の子だったので 脇汗が出ないようにしてました

 

そしてはじまるバースデーイベント!

 

夢幻クライマックスからの始まりに尿漏れしそうになるも 噛みしめるように聴く

 

さきちゃん あんた凄えよ…

 

2曲目のもしも終わりがあるのならでしっとり聴かせると俺たちの鈴木啓太が登場

 

10期からのコメントVTRで半泣きの僕だが

さきちゃんがやりたいコーナーの理科の実験が面白すぎて 終始ニコニコ

 

改めてまさきちゃんの無邪気さが好きだと思った

さきちゃんは突拍子もない事や発言をフューチャーされがちなんだけど 全部全部 無邪気さの表れなんだと思う

他の人なら違うかも?と疑うようなところも疑わずに前に進むからこそ 出てくる言葉だったり

逆にパフォーマンスが伸びてるのも そうゆう無邪気さが大事な部分なのかも

 

終盤の3曲(セトリググって)が終わり ラストナンバーでみんなで笑顔で終了 かと思いきや

スクリーンに映像が映し出される

 

「遅くなってごめんね

 

 

どぅー

 

 

 

お め で  

 

(涙であやふや)

 

 

 

 

そこからずっと泣いてしまい詳しく思い出せないけど

今までまさきちゃんが加入してから見送った卒業メンバーの名前

そして今のメンバーの他愛のない写真

 

あぁ まさきちゃんにとってモーニング娘。って僕が思ってるよりも

ずっとずっと大切で 誰よりも真剣にモーニング娘。の事考えてるのかもしれないって

なんだか心底嬉しくなった

 

ハルちゃんは卒業してしまう

それでも前を向いた18歳の女の子がいるなら 僕もあと半年 時間を大切にしないといけないと思った

 

 

 

 

 

終わったあと時間がなくてすぐにまたマウンテンバイクで青森へと帰る道で 楽しくて寂しくて ちょっぴりセンチな気持ちになったけど 

この写真を見たら なんかどぅーでもよくなったな

f:id:youkuso:20170510033231j:image

f:id:youkuso:20170510033241j:image

f:id:youkuso:20170510033251j:image

この子達の未来がずっと輝いていてほしい

 

 

 

来年も再来年も 何歳になっても毎年5月7日を祝いたいと思った